完璧な保湿を求めて

「オイルでのケア」と聞くと、目元など「乾燥が気になる部分」のみのポイントケアとして使用するイメージが強く、乳液やクリームの代わりとして顔全体に使っている方は少ないのではないでしょうか?
顔全体に使ったらベタつくのでは、と思う方もいるかもしれませんね。このことから、保湿アイテムとしてオイルが候補にあがらない場合もあると思います。

しかし、乾燥などの肌トラブルに悩んだ私が、クリームや乳液、美容液など、さまざまな保湿アイテムを調べたり使ったりした結果、行きついたのは「オイル美容」でした。

油分で潤い美肌を手にいれる

保湿に使われるオイルは、“肌の水分が逃げないようにフタをするため”と思いがちですが、それだけではありません。
良質な油は浸透性が高く、肌が本来持っている油分を補い、みずみずしさを保つことができます。肌なじみがよく、サラッとした使い心地で、ありがちなベタつきやギトギト感もありません。

スキンケアに使われるオイルの分子はとても微細。毛穴や毛根から表皮、真皮、皮下組織を通り抜けて、お肌の内部へと入り、働きかけます。クリームを比較すると、オイルの方が皮膚に浸透しやすいのです。

使いやすさはピカイチ

さらにオイルはいろいろと汎用性があるというのもうれしいですね。フェイスケアはもちろん、ハンドケア、ボディケアとして全身を潤したり、ヘアケアとして髪に栄養を補給したり。もちろんマッサージに使うこともできます。

汎用性が高いことは、結果として経済的にもお得になります。他の化粧品とも一緒に利用できるので、とても重宝します。また、ココナッツオイルなどは酸化しにくく、保存性が高いという特徴もあります。この使いやすさも大切なポイントですね。