毎日使うものだから、安心できる素材を

スキンケアアイテムは毎日お肌に直接つけるもの。その素材や成分はやはり気になりますよね。敏感肌やアレルギー肌ならなおさらです。

美容オイルといえば、以前は深海鮫のスクワランが大人気でした。最近では植物性のものが主流になっています。代表的なものとして、ココナッツオイルやオリーブオイル、ホホバオイル、椿油などがあります。これら「天然素材」から作られるオイルは、界面活性剤などの添加物を使わず、ほぼナチュラルな状態のものがほとんどなため、安心して毎日のお手入れに使うことができます。

石油などから作られる界面活性剤は、製品の状態を長時間安定させる機能があり、多くの化粧品に使われています。ところが、その高い(強い)機能のために、肌に残りやすい性質を持っています。これが敏感な方にとっては、肌トラブルにつながることがあるのです。また界面活性剤は肌のバリア機能を弱めたり、たんぱく質を変質させたりという危険性があるとも言われています。

安定しているオイルを選ぶ

天然素材の中でも、ココナッツオイルやホホバオイルは、酸化しにくく安定しています。通常、油は時間が経つと分解して酸化し、空気中の酸素と結合して過酸化脂質となります。

また過酸化脂質は、時間の経過だけでなく紫外線によっても作られます。過酸化脂質は肌を刺激し、肌荒れ、シミ、吹き出物など、肌のトラブルの原因になります。一般的に「油やけ」といわれる症状もこれにあたります。しかし高品質な植物性オイルなら、時間が経っても、紫外線に当たっても、酸化により品質が変わることなく、安心して使えるのです。