角質層の乾燥が引き起こすアレルギー肌

乾燥肌で悩む人の中には、アトピーやアレルギーを持っている人も多いと思います。

アレルギー肌とは、乾燥しやすく刺激に敏感で、一般の人では何も感じない物質に対して過剰な反応を起こしやすい体質の人のことを言います。体質的に皮脂の分泌が少なく、角質層がカサカサに乾燥しているため傷がつきやすく、その傷ついたところにアレルギーの原因となる抗原物質(アレルゲン)や汗などが刺激して炎症を起こします。

また、アレルギーとまではいかない敏感肌とよばれる症状もあります。かぶれを起こしやすく、かゆみやほてり、発疹などの症状があらわれる、刺激に対して弱いお肌のことを言います。近年特にストレスや食生活の乱れ、不規則な生活サイクルの影響から、敏感肌の女性が増えています。自分は敏感肌だと感じる人は多いのではないでしょうか?

敏感肌・アレルギー肌に共通しているのは、お肌が本来持っている「バリア機能」が弱っているということです。

潤いでバリア機能を強化する

敏感肌・アレルギー肌には、とにかくバリア機能を強化することが大切です。たっぷり水分と油分を補給して角質層を潤おすことで、新陳代謝をスムーズにうながし、バリア機能の回復をはかりましょう。

保湿剤は根本的にアレルギーを完治させるモノではありません。しかし皮膚に潤いを与え、外的刺激から皮膚を守ることで、かゆみを軽減し、かいてしまうことで悪化する肌荒れを防ぐことにつながります。ただし保湿剤に入っている添加物が刺激となっては元も子もありませんので、保湿剤選びは慎重に行ないましょう。お肌にやさしく、安心して使えるものを選ぶことが大切です。